浜松市でおすすめ婚活・結婚相談≪ハロウィン婚活講座・やらまいか!婚活委員会≫

=PR=スマホの結婚相談所&婚活再婚マッチング

オンライン完結サービス!スマホの結婚相談所【naco-do】

スマホの結婚相談所naco-do

JBA(日本結婚相談協会)加盟サービス【naco-do】では、入会時の婚活カウンセリング、成功確率をあげるプロフィールやデートに関するアドバイス、相性の良い人の紹介やデートした方との仲を取り持つサポートチャット、活用中の悩み相談などを専属サポーターがお手伝。入会審査書類もスマホで送信。

入会金・初期費用・成婚料は0円!
月額4,000~9,800円で利用できるスマホの結婚相談所【naco-do】
スマホの結婚相談所naco-do

恋活・婚活・再婚活・シンママ婚、年の差婚、地方婚、中年婚をマッチング【マリッシュ】

婚活マッチングmarrish

シンママ、シンパパの再婚を応援!!最新アルゴリズムやその他機能により高マッチング成立率!【あんしん電話】は、個人情報交換をせずお話して更に仲良くなれます。【リボンアイコン】はシングルマザーへの理解を示す好感度UPマークです。女性は無料・男性有料プランは月額3,400円~

婚活・恋活・再婚活マッチング【マリッシュ】会員募集/R18婚活マッチングmarrish

東部協働センター ハロウィン婚活講座

本年度も、東部協働センターの大人気イベント、婚活講座を開催いたします。
この講座は平成 30 年度からスタートし、多くのカップルご誕生及びご成婚を支援してまいりました。
本年度は、ハロウィンの雰囲気づくりと新型コロナウイルス感染症拡大対策を目的に、受講者に仮面とマスクをつけて参加していただきます。取材でお越しの際は、事前に下記担当者までご連絡ください。よろしくお願いいたします。

1 イベント名:「東部協働センター ハロウィン婚活♡講座」
2 日 時:令和 2 年 10 月 31 日(土)13:00~16:00
3 会 場:浜松市東部協働センター 1階ホール(浜松市中区相生町 23-1)
4 内 容:クレイペイント塗り、カラーゲーム、フリートーク
※クレイペイントとは、自然素材 98%の子どもが手で触っても安全な塗料

遠州広域婚活事業

目的 遠州地域の8市1町を対象とした広域婚活事業の開催により、遠州地域の晩婚化・少子化対策、地域活性化及び定住促進を図る。

背景

  • 第15回遠州広域行政推進会議(平成30年8月1日開催)において、移住定住の促進等のため、広域での婚活事業について検討することで合意。
  • 第16回(平成31年1月25日開催)では、遠州地域の合計特殊出生率と25歳~29歳女性の社会的移動には強い相関があり、官民を問わない婚活支援と結婚に対するイメージアップが重要との分析結果が示された。

事業内容

地域の交通手段として長く親しまれており、各市町主催の婚活列車やPRイベント列車の実績がある天竜浜名湖鉄道を活用し、貸切車両での広域婚活イベントを開催。
事業結果を踏まえて、継続的な実施に向けて、規模、回数等について検討を行う。

1 対象者

男性:遠州地域8市1町に在住の独身の方(学生・無職を除く)
女性:出会いや結婚に前向きな独身の方

2 対象年齢 20~40歳

3 参加人数 40人

4 参加費 飲食代等実費

5 内容 貸切車両内での交流、停車駅付近の観光施設等で見学や体験活動、地域の名産を味わう等の体験を通して、出会いの場の提供と地域の魅力を発信

やらまいか!婚活委員会

私たちは「出会いの機会が少ない」という課題に対して4つの提案をします。


 僕たちは「LONG林間学校DE婚活」を提案します。学生時代に誰もが体験する林間学校を出会いの場とすれば、婚活を楽しく行うことができます。同時に、山間部や高原などで寝泊まりすることで、相手の生活感やその人の素が出るので、理想の出会いが見つけられるとともに、長期にわたって行うので距離もぐっと縮まると思います。それをきっかけに友達になったり、付き合い始めたりなど、新たな出会いがあるのではないかと考えました。具体的には、ロングウォークやキャンプファイヤーなど、普段とは違う環境で少しずつ距離を縮めることができるので、少し奥手の人でも自分にぴったりの人を探せると思います。さらに年齢別で開催することで、より自分に合った人と巡り会えると思います。長期休みに行ってみてはいかがでしょう。


 僕たちは「企業同士deタイアップ婚活」を提案します。「企業同士deタイアップ婚活」とは、行政が仲介役となり、企業同士が定期的にスポーツや食事会を行って、個人と個人や、企業と企業の親睦を深めるというものです。この婚活のメリットは、企業ぐるみで婚活を行うので、仕事が忙しい人でも参加しやすいという点です。仕事をしながら定期的に行われる婚活に参加できることで、自然と異性と出会う機会が増えます。また、定期的に行うことで、少しずつ相手との距離を縮めることができます。じっくりと自分に合ったパートナーを見つけることもできます。

 僕たちは「やらまいか!企業対抗運動会」を提案します。行政が仲介役となり、会社A対会社Bというように、企業ごとにリレーや綱引き、玉入れなどの競技で競い合う運動会です。あくまでも運動会なので、社員同士が気軽に参加できます。子どもの頃に戻ったような感じで思いっきり楽しめます。 出会いの場として考えると、他の会社の気になる人や興味を持った人に話しかけたりする大きなチャンスです。携帯電話の番号を交換したり、次に会う予定を立てたり、さまざまなことが期待できます。また、企業の雰囲気をよくしたり、絆を深めることもできて、まさに一石二鳥です。

 僕たちは「Let’s make friends」を提案します。現在の婚活は1対1で話し合うことがあったり、婚活という言葉に重みを感じたりして、参加することに抵抗を感じる人がいます。また、相手を直接結婚だけの対象として見てしまうと、年齢の差やタイプの違いによって、そこで終わってしまう可能性があります。でも、単に趣味の合う人など、気の合う友達として付き合うことから始めれば、その人から友達を紹介してもらうなどして交友関係が広がり、友達の友達といったつながりから、将来結婚に到達することがあります。 一般的な婚活と違い、いきなり結婚相手としてではなく、友達づくりからという感覚であれば、より多くの人が参加しやすく、結果として、結婚につながる可能性が広がると思います。このようなイベントであれば、将来自分も参加してみたいです。

 結婚を望む人が希望をかなえられるよう、出会いの機会をつくるなど、行政が仲介役として婚活を応援すれば、家族の輪もどんどん広がっていくと思います。以上で、私たちの提案を終わります。

ふじのくに出逢いサポートとは

背景

  • 静岡県が平成28年2月に作成した「ふじのくに少子化突破戦略の羅針盤」において、県内市町の合計特殊出生率の地域差の要因は、結婚要因(有配偶率)の影響が大きいことが示されたが、県内約3分の1の市町では、社会経済的指標以外の「独自の地域特性」が合計特殊出生率に影響を与えていることが明らかになった。
  • また、平成24年から28年の平均初婚年齢は、20年前と比べて全市町で男女とも上昇しており、若者の意識や行動の変化が晩婚化の要因の一つであると推定できる。
  • 以上から、今後の少子化対策を進めるに当たり、現在の若者が結婚に関してどのような意識を持っているかを調査することとした。

事業目的

  • 若者の結婚等に対する意識(以下結婚の幸福度・関心度という)を数値化することで、合計特殊出生率との相関を示すとともに、結婚の幸福度・関心度に影響を与える要因を把握する。

≪ふじのくに出逢いサポート≫

婚活パーティー≪イベント・セミナー≫ふじのくに出逢いサポート

おすすおめ≪婚活サイト≫男女会員登録・料金で選ぶ

婚活のための≪プロフィール写真撮影・服装選び≫

タイトルとURLをコピーしました