北海道で子育て支援サイト≪HAGUKUMU「ハグクム」≫を利用してみる

北海道子育て支援
全日本弦楽コンクール

Youtube(限定公開)で応募可能!!予選エントリー申込締切は8月5日まで

幼児から一般参加まで7つの対象からなる部門で、優れた音楽的才能を発掘・育成し、一人でも多くの方に スポットをあてるための全国規模の弦楽コンクールです。動画オンライン審査×ホール対面審査という新しい審査方法を採用

全日本弦楽コンクール 全日本弦楽コンクール

全日本弦楽コンクール 審査方法

【予選は動画による審査。予選動画の提出方法は2つ】
①ご自身で撮影し、動画を提出する方法(Youtubeなどにアップロード)②委員会で用意したホールにて演奏し、委員会が撮影する方法
【本選はホールにて演奏】
ホールでの審査と、当日撮影した動画による審査を合わせて審査。本選の結果は、ホール演奏から約10日後にサイト上にて発表。

【全日本弦楽コンクール】予選エントリー申込


小さなお子様から大人の方まで、幅広い年代でエントリー可能。
楽器はヴィオラ・ヴァイオリン・チェロ・コントラバスと演奏されている人口の少ない楽器にもフォーカスしているコンクールです。

北海道の子育て支援

北海道では、安心して子どもを生み育てることができる環境づくりを進めるため、
市町村や民間企業などと連携し、地域全体で子育てを応援します。

子どもと出かける

どさんこ・子育て特典制度、赤ちゃんほっとステーション

どさんこ・子育て特典制度とは

子育てにやさしい環境づくりを進めるため、子育て世帯が、協賛店舗で特典カードの提示することにより、協賛店独自のサービス(割引やプレゼントなど)を受けられる取組です。

赤ちゃんのほっとステーションとは

子育て中の親子などが安心して外出できる環境づくりを進めるため、無料で「おむつ替え」と「授乳」の両方ができる店舗・施設に登録いただき、サイト等で紹介する取組です。

子どもを預けたい

保育所、認定こども園、ファミサポ、子育てサロン・ひろば

子育て支援制度

子ども医療費助成、児童手当、出産祝い金、保育料の助成、ひとり親家庭等医療給付事業、高等職業訓練促進給付金、児童扶養手当

せわずき・せわやき隊

せわずき・せわやき隊とは、地域で活動する子育てや子育ちに関わるボランティアの方々をこう呼んでおります。
通称「すきやき隊」といい、この名前には「子育てに関して世話好きで、世話をやきたい人たち」という思いが込められています。

せわずき・せわやき隊の活動が目指すもの

 核家族化の進む前の社会にあった、周囲にも子どものことを気にかけてくれる世話好きの人たちがたくさんいて、地域の子どもは地域で守り育てるという考えに基づいた取組が「せわずき・せわやき隊」です。
 「せわずき・せわやき隊」による日常的な活動を通して、核家族化や地域住民間の交流の少なさなどから生じる、例えば、

  1. 子育て中のお母さんや子育て家庭の孤立化の防止
  2. 子育て不安の解消
  3. 地域の子どもの安全を確保すること

など、「地域の子育て力のパワーアップ」を図り、地域の子どもを地域で健やかに育てていくことを目指しています。

せわずき・せわやき隊への登録について

 市町村や地区単位で活動する子育てサークルや子育てや子どもの健全な成長を支える活動を行っている団体であれば登録できます。

将来に向けて活力ある北海道づくりを持続的に進めていくためには、道民の力を集結し、安心して子どもを生み育てる環境の整備を図ることが必要です。北海道すきやき隊(子育て応援団)
このため北海道では、経済、保健・医療・福祉、教育、市民活動などの幅広い団体のほか、企業やNPO法人などの参加のもとで子育て支援に係る様々な取組を推進し、少子化対策を総合的に進めていく全道規模の組織である「北海道すきやき隊(子育て応援団)」を平成18年10月22日に結成しました。道では、子育てを応援する企業・団体を募集しています

子育て支援に関する活動は様々ありますが、社会全体で子育てを支援する観点から、例えば「道民育児の日(毎月19日)」のチラシの掲示や配布、市町村に組織される「せわずき・せわやき隊」の活動支援など、できるところから少子化対策に取り組んでいただきたいと考えております。

隊員として加入していただければ、隊員証とロゴマークを交付するほか、子育て支援に熱心で、社会貢献に積極的な企業、団体として、道のHPなど広報媒体を活用して紹介することとしております。

HAGUKUMU「ハグクム」 URL

HAGUKUMU公式サイト
HAGUKUMU
タイトルとURLをコピーしました